WordPressカスタマイズ事例

固定ページにページング機能を持たせる

WordPressに長く携わっていると、固定ページで一覧表示してページングまでしたい、という場面がよく出てきます。
一覧表示はともかく、ページングまでしようとなるとひと工夫が必要です。

まず、その固定ページ用の専用テンプレートを作りましょう。
たとえば固定ページのスラッグが arekore だとすると、
WordPressのルールで、page-arekore.php を用意してあげれば、デフォルトテンプレートの page.php ではなく page-arekore.php を読み込んでくれます。

page-arekore.php に以下のように記述します。

<?php

$paged = (get_query_var('paged')) ? get_query_var('paged') : 1;

$the_query = new WP_Query( array(
	'post_status' => 'publish',
	'post_type' => 'services', //カスタム投稿タイプ名
	'paged' => $paged,
	'posts_per_page' => 30, // 表示件数
	'orderby'     => 'date',
	'order' => 'DESC'
) );


if ($the_query->have_posts()) :

	$html_top_result='<div>';

	while ($the_query->have_posts()) : $the_query->the_post();

		//ルーチン処理記述

	endwhile;

	$html_top_result .= '</div>';

else :
	$html_top_result = '<div><p>実績はありません。</p></div>';
endif;

echo $html_top_result;
?>

<div class="pnavi">
<?php //ページリスト表示処理
global $wp_rewrite;
$paginate_base = get_pagenum_link(1);
if(strpos($paginate_base, '?') || ! $wp_rewrite->using_permalinks()){
	$paginate_format = '';
	$paginate_base = add_query_arg('paged','%#%');
}else{
	$paginate_format = (substr($paginate_base,-1,1) == '/' ? '' : '/') .
	user_trailingslashit('page/%#%/','paged');
	$paginate_base .= '%_%';
}
echo paginate_links(array(
	'base' => $paginate_base,
	'format' => $paginate_format,
	'total' => $the_query->max_num_pages,
	'mid_size' => 1,
	'current' => ($paged ? $paged : 1),
	'prev_text' => '< 前へ',
	'next_text' => '次へ >',
)); ?>
</div>

ポイント:
① 3行目でページ番号を取得してます。
② 5行目:クエリ関数は WP_Query を使うこと。上記のような記述では他のクエリ関数だとうまくいきません。
③ 34行目から下のページリスト表示処理の部分は割と汎用的なので、上のコードをコピペで使えます。
 49行目の’total’ => $the_query->max_num_pages の $the_query は取得した配列の変数名を入れてください。


その他のWordPressカスタマイズ事例