WordPressカスタマイズ事例

Jetpackのパブリサイズ共有をカスタム投稿タイプでも使えるようにする

WordPressのプラグインでJetpackというのがあります。
機能満載で、機能単位で有効/無効設定ができて、使っている方も多いと思います。
そのJetpackには、ソーシャル連携機能がついています。
よくある、記事を投稿したら自動でFacebookやtwitterに投稿されるやつ、あれです。
ところが、このソーシャル連携機能は、WordPress標準機能である「投稿」にしか対応してくれません。
これだと、たとえば自社サイトでせっかく「製品」っていう独自のメニューをカスタム投稿タイプでつくってこつこつ製品情報を上げていても、Facebookやtwitterに自動連携させることができません。

今回はJetpackソーシャル連携機能をカスタム投稿タイプにも対応させる方法をご紹介。

テーマの function.php に以下を記述します。

function custom_publicize_share() {
add_post_type_support('blog', 'publicize' ); //「blog」がカスタム投稿タイプのスラッグ
}
add_action('init','custom_publicize_share' );

せっかくCMSを導入したのですから、どんどん情報UPして、どんどん見てもらって、どんどん問い合わせもらいたいですね。


関連するWordPressカスタマイズ事例