WordPressカスタマイズ事例

どうしてもインストールしておきたいプラグイン10選

WordPressでサイトを構築しようとする方は、ほぼ100%、以下のような方だろうと思います。
 
・自作にこだわっていない
・低予算、短納期でつくりたい
・それでいて高品質なサイトがほしい
・規模的には小中規模
 
必然的に「プラグインの導入」というのは必要不可欠な要素として入ってきます。
もし、WordPressでサイトを制作するのにプラグインを一つも使わずに作ろうと思うなら、いま一度、なぜサイトをWordPressで作りたいのか?というところから考え直すべきです。
それくらい、プラグイン導入はWordPressでのサイト制作には必須項目となってきます。

ただ、やみくもになんでもかんでもというわけにもいきません。
プラグインを導入すればするほど、セキュリティリスクも大きくなり、サイトも重くなっていきます。
そこで今回は、これだけはインストールしておきたい、というプラグイン10選をご紹介したいと思います。
 

  • All In One SEO Pack
    検索エンジン向けのmetaタグやgoogleアナリティクスなどSEO絡みのタグを自動生成してくれるプラグインです。サイトマップやソーシャル向けタグも生成してくれたりもします。
  • Breadcrumb NavXT
    パンくずリストの生成プラグイン。同類プラグインありますが、これ一択でしょう。
  • Contact Form 7
    問い合わせフォーム生成プラグイン。ノウハウもたくさん公開されていて、これも一択でしょう。
  • FV Top Level Categories
    カテゴリ(アーカイブ)ページのパーマリンクから ”category” を削除してくれます。ほんとこの”/category/”スラッグは邪魔なだけですから。
  • DBバックアップ用プラグイン
    バックアップは必須ですが、どのプラグインを選ぶかはご自身の選択次第です。これについてはどのプラグインも優劣つけづらいですね。

 
ここまではどんな小さなサイトにもマストなプラグインです。
さて次は、ブログや静的ページだけじゃなくて、商品紹介とかセミナー情報とか表示して、ちょっと自分たちにあったメニューも用意したいなという方。
 

  • Advanced Custom Fields
    WordPressを選ぶ理由の一つがカスタムフィールド、っていうくらいカスタムフィールドの概念は秀逸です。
    そのカスタムフィールドをもっと簡単に使えるようにしてくれているのがこのプラグイン。
    カスタム投稿タイプとか使って自分なりの入力画面を作りたければマストです。
  • Category Order and Taxonomy Terms Order
    カテゴリやターム(カスタム投稿タイプのカテゴリみたいなもの)の並び順をドラッグ&ドロップで変更できる。
    単機能プラグインですが、重宝してます。
  • Contact Form 7 add confirm
    日本のサイトって、問い合わせすると必ず確認画面が現れます。でもこれって日本特有らしいですよ。
    ともあれ、この確認画面を出してくれるプラグイン。
  • Custom Post Type Permalinks
    カスタム投稿タイプやカスタムタクソノミーのパーマリンクを設定できるプラグイン。
    カスタム投稿タイプを使うサイトには、これもほぼマストです。
  • WordPress Post Type Archive Links
    「外観 - メニュー」でカスタム投稿タイプのアーカイブページをグローバルメニューに追加したいときに使います。
    下層の記事ページ表示時にもcurrentクラスを付与してくれるので、選択状態によってグローバルメニューの色を変えたい、とかいう場合には便利です。

 
以上、10選ですがいかがでしたでしょうか?
WordPressサイト制作には欠かせないプラグインの存在。
プラグインをうまく利用して良質なサイトをより低コストで制作しましょう。


関連するWordPressカスタマイズ事例