WordPressカスタマイズ事例

デザインテーマを作る(初級)

WordPressのデザインは「テーマ」といういわゆるデザインのテンプレート集で構築されます。
たとえば、「海座テーマ」という名前のデザインテンプレートを作りたいとします。
そのディレクトリ名は任意ですが、たとえば「kaiza」とします。

そしたら、まず kaiza/style.css の冒頭に

/*
Theme Name: 海座テーマ
Author: Yoshihisa Tanno(著者名)
*/

と記述したうえで、wp-content/themesフォルダにこのkaizaフォルダをまるごと突っ込んでください。
これだけでWordPressは「海座テーマ」を認識し管理画面に出してくれます。
そして”有効”にすればこの「海座テーマ」をデザインテンプレートとしたサイトを表示してくれます。
もちろんこれだけじゃ中身は空っぽですので
そしたら次は、kaiza/page.php を用意しましょう。
page.phpの中には適当なhtmlを記述します。ついでに kaiza/style.css にもそれに対応するcssを記述。
そして、WordPress管理画面で初期設定をします。
すると、空っぽだったサイトにpage.phpに書いたhtmlが表示されているはずです。
 
これがWordPressで自作デザインを実装する第一歩です。
 
中級編に続く。


関連するWordPressカスタマイズ事例