WordPressカスタマイズ事例

パンくずリストを li(リストタグ)で出力する

パンくずリストの話は以前にも2度ほどしています。

パンくずリストの小手先カスタマイズ
どうしてもインストールしておきたいプラグイン10選

海座ではWordPressでパンくずリストを実装する場合にはすべて Breadcrumb NavXT でおこなっています。

呼び出し方は、テンプレートPHPで以下を記述するだけです。
(フォーマットは管理画面で決める必要があります)

<?php if(!is_front_page()): ?>
<div class="breadcrumbs">
<?php if(function_exists('bcn_display'))
{
bcn_display();
}?>
</div>
<?php endif; ?>

当サイトもこれでパンくずを表示させてます。
 
上の記述では、htmlは下のようになります。

<div class="breadcrumbs">
<a title="海座(kaiza)" href="http://kaiza.jp" class="home">HOME</a> &gt; <a title="WordPressカスタマイズ事例" href="http://kaiza.jp/result/" class="post post-result-archive">WordPressカスタマイズ事例</a> &gt; パンくずリストを li(リストタグ)で出力する
</div>

ところで、パンくずをli(リストタグ)で出したい、ということがあります。
そちらのほうが標準ですね。

その場合は、以下のように記述してください。

<?php if(!is_front_page()){ ?>
<div class="breadcrumbs">
<ul>
<?php if(function_exists('bcn_display'))
{
bcn_display_list();
}?>
</ul>
</div>
<?php } ?>

出力結果はこうなります。

<div class="breadcrumbs">
<ul>
<li class="home"><a title="海座(kaiza)" href="http://kaiza.jp">HOME</a></li>
<li class="post post-result-archive"><a title="WordPressカスタマイズ事例" href="http://kaiza.jp/result/">WordPressカスタマイズ事例</a></li>
<li class="current_item">パンくずリストを li(リストタグ)で出力する</li>
</ul>
</div>

リストタグでパンくず出力の場合は関数が違いますよ、という話でした。


関連するWordPressカスタマイズ事例