WordPressカスタマイズ事例

カテゴリの説明を表示する

過去の記事で
カテゴリやタームに紐づけたカスタムフィールドを取得し、表示する」方法についてご案内しましたが、カスタムフィールドを使わなくとも、もともとカテゴリにはタイトル、スラッグ以外に表示に関連する入力項目がひとつだけですが、あります。
「説明」という項目です。

カテゴリページでちょこっとだけそのカテゴリについての説明文を加えたいときなどに使えますね。

アーカイブページかカテゴリページにおいて、たとえば以下のように使います。

$catId = get_query_var('cat');
$current_category = get_category($catId);
echo '<h2>'.$current_category->cat_name.'</h2>'; //カテゴリ名表示
echo '<p>'.category_description($catId).'</p>'; //カテゴリ説明文表示

説明文をサラッと掲載したいときなどは、この「説明」を利用すれば十分ですね。


関連するWordPressカスタマイズ事例