WordPressカスタマイズ事例

シェアボタン、ツイートボタンを設置する

2018年、いまさらですが、WordPressで制作した固定ページや記事ページにfacebookのシェアボタン、twitterのツイートボタンを設置する方法についてご紹介です。

サンプルとして liを使ってリスト表示してみます。

header.php や footer.php など、テンプレートファイルに記述します。

<?php
$page_url = get_the_permalink($post->ID);
$page_title = get_the_title($post->ID);
?>
<li class="social">
<ul>
<li><a href="http://www.facebook.com/share.php?u=<?php echo $page_url; ?>" onclick="window.open(encodeURI(decodeURI(this.href)), 'FBwindow', 'width=554, height=470, menubar=no, toolbar=no, scrollbars=yes'); return false;" rel="nofollow"><img src="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/images/fb.png" ></a></li>
<li><a href="https://twitter.com/intent/tweet?text=<?php echo $page_title; ?>&url=<?php echo $page_url; ?>" onClick="window.open(encodeURI(decodeURI(this.href)), \'tweetwindow\', \'width=650, height=470, personalbar=0, toolbar=0, scrollbars=1, sizable=1\'); return false;" rel="nofollow"><img src="<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/images/tw.png" ></a></li>
</ul>
</li>

これで、当該ページのシェア、ツイートの画面がポップアップされるようになります。
 

2018年、今となっては、マーケティングとしてこの機能はサイトに必要なものなのかどうかもボンヤリしてきてますが、ともあれ、あればあったで誰も損しない機能でもあります。あまり深く考えずに実装してしまいましょう。


関連するWordPressカスタマイズ事例