WordPressカスタマイズ事例

デザインテーマを作る(手順のすべて)

おそらくWordPressの技術者にとって、デザインテーマを作ることは一つの達成したいゴールだと思います。
そこで今回はデザインテーマを作る手順についてご紹介します。
 

  1. まずは自分の開発環境でWordPressサイトを作ります。
    テーマの作り方は、「デザインテーマを作る(初級)」、「デザインテーマを作る(中級)」あたりを参考にしてください。
    ただし、DBをテーマ同梱で配布するなら別ですが、DBを同梱しないならWordPressの固定ページや投稿のコンテンツフィールドにテキストやコードを記述しても無意味ですので、そこは注意しましょう(記述しても配布できない)
  2. 画像を使用する場合、パスに開発環境の生ドメインが記載されることのないよう記述には気をつけましょう。

    WordPressの管理画面からメディアアップロードで画像を挿入する場合は、以下の対応をしてURLのドメイン部分が出てこないようにしましょう。
    [メディア追加]でイメージタグを挿入したときのURL絶対パス表記からドメイン部分だけ抜く

  3. 使用するプラグインは必要最低限に。公開して他人に配布するテーマですので、軽いに超したことはありません
  4. テーマを配布しても、プラグインはユーザーに自分でインストールしてもらう必要があります。そこでテーマで使用するプラグインのインストールをうながすTGM Plugin Activationを導入します。
    ※ 導入方法は上記URLにあります。
  5. プラグインで必要な設定情報があれば、エクスポートしておきます。
    大抵のプラグインには設定情報のCSVエクスポートの機能がついているはずです。ついていないプラグインは使いません。
  6. DBを同梱するならDBも作らないといけません。
    [ツール]-[エクスポート]を開き、「すべてのコンテンツ」を選択してエクスポートします。
  7. テーマフォルダとプラグイン設定用のCSVファイル、DBも同梱するならそのDBもつけて、readme.txtにインストール手順(初期設定など)を記載して、完成です

関連するWordPressカスタマイズ事例