WordPressカスタマイズ事例

特定の場所だけ自動でpタグが入るようにする

WordPressは標準機能として自動でpタグや改行タグを挿入してくれます。
この機能、自分でhtml書ける人にとってはとても邪魔な機能。
弊社でもそういう理由から、固定ページだけは自動でpタグが入らないようにしています。

ただ、当然ですが、これによって、固定ページ内に記述したショートコードの中身も自動pタグはしなくなります。
 
むむ!それは困る、という場合、あります。
固定ページは自動pタグなしのままで、固定ページに記述したショートコードの中身だけを自動pタグしたい場合。
簡単です。消したwpautop機能を手動で呼び出して実行すればOK。
 
ここにショートコード内の記述を抜粋しておきます。

$content = apply_filters('the_content',get_the_content());
$content = wpautop( $content );

自動pタグが外れた状態で取得されたコンテンツに、自動pタグを手動実行しています。
 
 
※ 一緒に読んだ方が良い記事はこちら
アドバンストカスタムフィールドによるwysiwygフィールドからpタグとbrタグを削除する


関連するWordPressカスタマイズ事例